難所

これまでに経験した幾つかの交通の難所を紹介したい。

香港の道の難しさは、

(1)標識が少ない

(2)ジャンクションが立体的

(3)そのため車線変更が急、且つ距離が短い

(4)高級車が多く事故を起こすと大変

(5)カーナビが無い(Google Mapを活用しても追いつかない)

ことから、体で覚えるしかない。香港のカーナビの普及率は10%未満ではないだろうか?

 

1.ライオンロックトンネル出口

[http://:title]

1号から東西に分岐する7号のジャンクションであるが、トンネルから南下する場合トンネル内は白色1本車線?であるが、実質的に車線変更できない状態。トンネル出口をでたらすぐに一番左側の車線に入らないと7号には入れない。右側車線を走っていると僅か100M程度しか車線変更のチャンスがなく、無理をすると大事故になりかねない。ここを通過してしまうとその後のリカバリーが非常に厳しい状態に。

[http://:title]

 

2.MTR藍田駅周辺

 

[http://:title]

2号、5号、7号のジャンクションであるが、イースタントンネルから藍田方面に進むとマンションの地下が複雑なジャンクションになっており、ここも道の選択が急に迫られることとなる。選択肢としては複数回で10種類の中から連続して2回正解を選ばないと目的地には辿りつかない。私はすでに過去2度失敗している。

 

3.銅羅湾周辺ジャンクション

 

[http://:title]

こちら4号、1号、のジャンクションであるが、4号から1号で北に行けばハーバーセントラルトンネル、南に行けばアバディーントンネル。北角からアバディーントンネルに行くには相当手前からルートを計算して望まないと、分岐点は車線変更禁止となっているので思うところには辿りつかない。下手をすれば九龍へ行ってしまいかねない。

 

4.金鐘周辺

 

[http://:title]

地図だけをみれば難易度は低い印象であるが、4号を東から西に走り、金鐘~セントラル周辺のビルに行こうとすると4~5種類の道から正解を1つひかないとならない。

これは体で覚えるしかないが、いずれにせよ短時間で判断が求められる。