読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動車保険をどうするか(1)

さて車は決めたけど、自動車保険どうするんだろうと思いネットで調べてみたが今一つよく分からなかった。日本なら、あらゆる損保会社に加え、保険窓口や通販型自動車保険が大量にあって、寧ろ多すぎて困るというところ。

会社の香港人スタッフに聞いて、最終的には彼の知人の保険ブローカーでZurichの自動車保険を買ったが、中々わかりにくかったところなので、理解できた範囲で少し記載しておきます(以下が100%正しいという自信がないので、あくまでも参考として自己責任でお願いします)。 

f:id:hkdriver:20160328223150j:plain

香港の自動車保険は、(1)強制のThird Party Liabiltiy(第三者賠償)のみと(2)任意のComprehesive(車両保険・第三者賠償を含む包括保険)の大きく2つ(正しくはAct only=対人のみ、TPL =対人+対物、TPL Fire &Theft=対人+対物+火災・盗難、Comprehesive=All Riskの4つに区分)に大別される。

日本では自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、車検毎に強制付保となっているものの(主にディーラーか車検業者が代行するため保険を買っているという感覚が無いが)、香港ではこの自賠責保険にあたるThird Party Liability はオーナー(≒ドライバー)自分で手配しなければならず、日本同様、TPLを付保していないと重罪が科されるようです。

(日本の場合の処罰)

賠責保険に未加入で走行した場合は、法律によって罰せられます。

  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 免許停止処分(違反点数6点)

(香港の場合)

Section 4(1) of the Motor Vehicles Insurance (Third Party Risks) Ordinance (Cap.272 of the Laws of Hong Kong) expressly specifies that “it shall not be lawful for any person to use, or to cause or permit any other person to use, a motor vehicle on a road unless there is in force in relation to the user of the vehicle by that person or that other person, as the case may be, such a policy of insurance or such a security in respect of third party risks as complies with the requirements of this Ordinance”.

The statutory maximum penalty for this offence, as stated under section 4(2)(a) of the same Ordinance, is a fine of $10,000, imprisonment for 12 months and disqualification for at least 12 months and at most 3 years.

The rationale for compulsory insurance is simple: if a person is injured by a motor vehicle but the driver of that vehicle does not have the financial means to pay the damages, the injured person would be left in a dire and helpless condition. Trying to make sure that all vehicles running on the road are covered by compulsory insurance offers a solution to this problem.

 THIRD PARTY RISKS INSURANCE POLICY

Any person (including the registered vehicle owner and driver) has the responsibility of ensuring the presence of a valid third party risks insurance policy for the vehicle concerned whilst using it on roads. Person who contravenes such requirement commits an offence and is liable to a fine of $10,000 and imprisonment for 12 months, and will also be disqualified from holding or obtaining a driving licence (for a period of 12 months to 3 years). The Commissioner for Transport may refuse to license the vehicle concerned or cancel the vehicle licence concerned. 

 

疑問なのは、何故、強制としておきながら、保険の付保が各個人の手配に任されているのか?やや疑問でしたが、色々と調べた仮説としてはこういう理由ではないかと思います。(日本で中古車を購入する場合は、車検が残っていればそれを引き継げるので次回車検までは、任意保険を購入するだけの仕組み)。

 

(1)新車登録時、名義変更時及び毎年度の自動車の走行ライセンス(Vehiecle Registration Document=通称「VRD」)を申請する場合には、TPL InsuranceをVRD発効日から付保手配済である証拠が必要なため、現実的には付保漏れは起きにくい(以下、TD22申請書より抜粋)

 Original or photocopy of valid Third Party Risks Insurance Policy or Cover Note, it must be registered in the name of the registered vehicle owner and shall be valid on the date when the new licence is to become operative (not applicable to trailer) (it is an offence to use a motor vehicle on the road unless there is in force a policy of insurance as is required by the Motor Vehicles Insurance (Third Party Risks) Ordinance (Cap. 272), in relation to the use of the vehicle);

(TDへのVRD申請書/TD22の場合)

http://www.td.gov.hk/filemanager/tc/content_1134/td22_15072014.pdf#search=%27Motor+Vehicles+Insurance+%28Third+Party+Risks%29+Ordinance+hong+kong+prison%27

 (TD25の場合)

http://www.td.gov.hk/filemanager/common/td25(2015.8)_e-fillable_leaflet_eng.pdf

 

(2)自動車保険基金が設立されており、TPL保険の一部から基金へ積み立て金を徴収しており、万が一、TPLが付保されていなかった場合でも被害者は基金から保障を受けられる仕組みがある。

 (MIBのHP)

Motor Insurers' Bureau of Hong Kong

 

(3)自己責任社会である(税金を納めて国に何とかして貰うという発想は無い)。

思い返せば、会社で付保する従業員の労災保険も強制ながら一般の損保会社で付保して、それを当局に届けて更新していました。

 

この辺りは、車に乗っている香港人や車を自分で運転している(いた)方に聞いても、ちゃんと仕組みを理解している人が多くない気がするので、すこしちゃんと調べてみました(これが正しいかはわかりませんが)。

尚、MIBでの保障はあくまでも被害者の対人損害に対する保障であって、TPLを付保しなかった(付保額が足らなかった)加害者(ドライバー)の責任がこれでカバーされるという意味ではない(=賠償責任は残り、賠償負担能力がある限り追及される)と考えられますので、やはり自己責任社会であることを認識しながら保険選びをすることが必要だと思います。