読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5連休の最後に

今年のGWは家内が日本に親の見舞いに行くこととなり、5日間子守をすることとなった。

GW最終日に空港に家内を迎えに行く際、少し早めに出て、空港内にある展望台&博物館を訪問。香港空港の駐車場はP1~P4まであり、手前からP1、P2、一番奥の立体駐車場がP4となっている。駐車場の空き状況を事前にチェックしてから出発。

:titl

駐車料金表:Transport - Parking - Car Parks & Charges - Hong Kong International Airport

今回はゲートから近いP4を利用。P1の駐車場は青空駐車場で荷物を持った階の上り下りがあるが、P4のゲートすぐであれば荷物の上げ下げが無く、到着ターミナルからダイレクトに車にたどり着けて便利。今年の6/17からこちらの駐車料金もHK16~18からHK20~24に値上げだそうだ(涙)。

f:id:hkdriver:20170507182713j:plain

ちょっと家族で海外旅行という際に日本だったら成田空港周辺に一杯駐車場があるけど、香港だと駐車場が限られており、最初の3日でHKD470、以降HKD160/毎日だそうだ。家族4人でエアポートエクスプレスなら往復HKD800なので、ガソリン代+トンネル代を考えると、4日以内の旅行なら、ありかも(長期貸しはP2、P4露店のみなので注意)。

展望台への行き方:Hong Kong International Airport

展望デッキへの行き方は中々難しく、LCCなどが離発着するターミナル2の6階に一度上がり、映画館の奥に入り口がある。コックピットシュミレーターなんてあるんだね。

f:id:hkdriver:20170507183442j:plain

スターウォーズコーナーを超えると中はちょっとした航空博物館。ただ、空きスペースに強引に作っただけの小所帯であまり見るべきものがない。。。。展望台(Sky Deck)は有料です。ただ、「お金を払わずに係員に見つかると処罰する」とエレベーターに書いているのに切符売り場が中々見つからない。。。

f:id:hkdriver:20170507183125j:plain

さらに奥に進むと展望台へのエレベーターがある。

T2の7階にある展望デッキからみた滑走路方向。景色は良いが、ビルの単なる屋上で淵が全てガラス張りなので高所恐怖症には少し怖いかな。右手に見えるのが車を泊めたP4の立体駐車場。

f:id:hkdriver:20170507182856j:plain

現在建設中の第三滑走路の埋め立て工事のためバージ船がいっぱい停泊している。完成は2025年だったかな?

f:id:hkdriver:20170507183348j:plain

足元にあるのがP3かな?イベント・コンサート会場が奥に見える。

右奥が現在建築中のマカオ・珠海ブリッジのイミグレ。一度仕事で現場を視察したことがあるが、ここが完成すると両側の通関が一気にできるらしい。車でマカオにぜひ行ってみたい。

 

同じT2のLevel 6にキッザニアもどきの子供体験施設と日清ラーメンの体験工場があった(こんな施設あったんだ)。詳しくは:Dream Come True

時間が18:30だったのでもう今日の新規受付は終了。次回またチャンスがあれば来てみたい。

f:id:hkdriver:20170507183304j:plain

 

 

Ma On Shanの楽しみ方

4月は日本出張や歓送迎会、その他大型連休等でバタバタの1ヶ月だった。

日本出張では時間を見つけ、山梨県甲府市の信玄公祭りに行って来た。

f:id:hkdriver:20170430073127j:plain

甲府駅前の城跡(舞鶴城公園)から甲府市内を眺望。この城は武田家が築城したものではなく、後の支配者である豊臣家が徳川家を牽制するために建てられ、その後、徳川家が江戸を守るための重要な拠点して強化し・天領として治めた城とのこと。なので、「信玄公祭り」がここで行われるというのは本当は少し違うんだろうね。

f:id:hkdriver:20170430073119j:plain

翌週、香港に戻り、日本でGetしたEPSONのゴルフスイング測定器を試すべく、いつもの馬鞍山ゴルフ打ちっぱなしへ。家族サービスも兼ねてゴルフ&サイクリングへ。

f:id:hkdriver:20170430073921j:plain

時間が無かったため、今回は打ちっぱなしは30分で切り上げ(ちなみに私のスイングの最高得点は88点でヘッドスピードがあと少し上がればほぼシングル並みのスイングらしい)、馬鞍山公園へ。

MTRの馬鞍山から沙田駅までずっとサイクリング・ジョギングロードが続いており、レンタルサイクルができ、皆楽しそうにサイクリングを楽しんでいる。自転車を借りるには沙田駅で借りるのがいいが、馬鞍山の場合は公園周辺ではなく、少し離れた場所にレンタル屋があるので注意。

f:id:hkdriver:20170430074106j:plain

対岸に左手に見える白い等のようなものは、慈山寺の観音像。意外に知られていない香港の仏教寺。この寺を建てたのは、アジア一の大富豪の某氏。完全防弾の禅室があるらしい。一般開放もしているようだが、予約しないと参観はできない。すぐ近くに日本の有名な宗教団体の大型施設もあるので、あの辺りは宗教スポットなのであろう。

f:id:hkdriver:20170430074047j:plain

やはり香港の週末は、車で海辺へ出かけるに限る。

 

翌週、昔の友人らと深セン南山にある深セン名商ゴルフでラウンド。シュミレーターでの測定空しく、スコアは110。ドライバー、セカンドはまずまずであったが、1年ぶりのラウンドでアプローチとパターがボロボロで、先輩からは「お前のスコアの2/3がアプローチだなと」。アプローチは練習場では問題ないし、測定しても意味ないので、問題はメンタルと経験なので、あとは実践あるのみか(涙)。

 

 

さよなら Murray Road Multi-storey Car Park

CentralとAdmiralityの間にある立体駐車場のMurrary Road Multi-storey Car Parkが今日付で閉鎖・取り壊しされ、A級オフィスビルに生まれ変わる。

ここは政府保有のPublic Parkingであり、毎週のように過去最高高額で売買されるセントラル・金鐘エリアのオフィスビル群にあって、HKD15,000Mil(2.1千億円)で売却されたとのこと。

何故、このNewsを取り上げたかというと、私もこの駐車場の1人の利用者で、この駐車場の結構な利用者で、この駐車場が無くなるとかなり痛いからだ。

以前にも書いたが、香港の時間貸駐車場はオフィスやマンションの値段に比べて安いように感じていた。特にこのMurray RoadはPublicということもあって、週末でも1時間20ドル程度と東京では考えられない値段で、週末出勤で少し仕事を片付けたいような際はよく利用していた。ここが閉鎖されるのはショックだ。いつか余裕があれば月極で車通勤したいと思っていたのにここが閉鎖されてしまうと絶望的。上記記事にもあるように渋滞や違法駐車が増えるのではないかと思われる。

 

SCMPを読んでいて思う事として、香港は日本と比べて駐車場とTAXIに関する記事が多い。駐車場は投資対象として人気だし、TAXIも1ラインセンスが7~8千万円し、投資対象となっているので、時事ネタというよりも経済Newsなのであろう。

 

マンションの駐車場も6月から値上げの通知が来ていた。香港の安い駐車場時代も終焉を迎えつつある。原油価格の上昇でガソリン価格も値上がり傾向にあり、香港で車を保有することは非現実的なことになって来たのかもしれない。

f:id:hkdriver:20170430072203j:plain

 

Lubrication

"Lubricant"って言葉をご存じだろうか。発音はlúːbrəkənt(カタカナ英語では、ルーブリカント)。潤滑油、つまりエンジンオイル。オイル交換はLubrication ということであろう。てっきりオイル交換はOil Changeで通じると思っていたが、正式にはこう言うらしい。

さて、今週も恒例のGarden Golfで一汗かいた後、ついにオイル交換に出かけることとした(4月の異動がなかったので)。

Google マップ

行きつけのEssoではLubricantのServiceはやっていないとのことで、ゴルフ練習の帰りにゴルフ練習場から10分程度のところにあった「Shell Helix Lubrication Centre」に行ってみた。

Yellow HatやAutobacksのような大衆向けメカニックサービスが無く、特定のGarageに持ち込むのも週末の都合のいい時に気軽にと言う訳にもいかないため、どのくらい待たされたり、言葉は通じるのかドキドキしながらピットイン。

まずは、Lubricantの価格と工賃をチェック。お目当てのHelix Ultra 5-40Wの料金は?

2番目の「超凡喜力全合成機油」がHelix Ultraであろう。ということは、「4LでHKD913~」かぁ。高いなぁと思いつつ、横を見ると作業(人工)と油隔(Oil Filter)、廃油環境費も込みとも読める。確か私のA4はエンジンオイルは4.5Lだったはずなので、全部で一体いくらなんだろうと思いつつ、まあ、こんなもんだろうと考え、奥にいたメカニックにオイル交換を頼んだ。メカニックはA4なら5Lだな、と。適当な人が多い中で、なかなか「わかってるじゃない」か。

f:id:hkdriver:20170402162246j:plain

Helix(シェル ヒリックス - HELIXとは - 昭和シェル石油

f:id:hkdriver:20170402162501j:plain

Amazonの説明では、「Ferrariチームと共同開発したエンジンオイルで、北米およびヨーロッパのガソリンエンジンオイルの最高規格に合格しています。Shell Group独自の超高粘度指数ベースオイルXHVI合成油と新添加剤との効果的な組み合わせによって、一層優れた清浄性、高温酸化安定性、せん断安定性を示し、高性能国産車からヨーロッパ車まで、さらに非常に過酷な運転条件下においても十分使用可能です。  オイルプレッシャーと耐久性を誇る、ハイパワー車向けのオイル。エンジンの性能を最大限に引き出したい方へ。また、 輸入車・高級国産車、スポーツタイプ車にオススメのオイルです。」とのことで、中々良さそうなLubricantだね。日本の楽天で見る限り5Lで8,050円(≒HKD562)なので、香港だと少し高い。日本ではお目にかかれない「Helix Ultra Racing(10W-60)」がメニューにあるところが、フェラーリ・ポルシェが普通に走ってる香港っぽい。

youtu.be

f:id:hkdriver:20170402163717j:plain

意外にもメカニックは英語は流暢。専用ピットに車を自分で動かし、スムーズに作業開始。嬉しいことにオイル交換作業中、自分の車の周りでウロウロできる(こんな写真撮ってると邪魔だけどね)。こりゃ楽しい。

ピットには地下があり、オイルの下抜きにも対応しているが、今回は上抜きとなった。1年振りのオイル交換のため、真っ黒なオイルが出てくる出てくる。

f:id:hkdriver:20170402162652j:plain

古いオイルを抜く事、約5分。その間、エンジンのファンがずっと動いているのでメカニックが「少し長すぎるね。これだとバッテリーが弱るよ。今後チェックした方がよい」とのアドバイス。流石に慣れてるね。

オイルは汚れてるけど、粘度はまだある。そりゃ1年で2,500Kmしか乗ってないからそんなもんだろう。

f:id:hkdriver:20170402163618j:plain

そろそろHelix Ultra 4.5L とオイルフィルター交換入ります。

f:id:hkdriver:20170402164105j:plain

f:id:hkdriver:20170402164203j:plain

ありゃ、5L全部入れちゃうの? ShellのHPでは4.5Lだったけど。。。。

レベルゲージでのチェックもなしか。まあ、多すぎればエラーがでるでしょ。。。。慣れてそうだし、Audiはエンジンオイルの減りも相応に早いからまあいいか。 

これにてオイル交換は終了。所用時間約15分。レジで車のナンバーを伝えてお金を払って来てくれというのでレジへ。非常にマナーのよい定員のおばさまで、テキパキと対応してくれる。コンビニが併設され、店も非常に新しいのか非常に清潔でこんなキレイなGSは日本にもないかな?

Shellの会員カードを作ったらHelixはHKD150値引きというので、無料のカードを申し込んでカードで支払い終了。〆てHKD1,126(≒16千円也)。中々の値段だけど、100%化学合成油でオイルフィルター込で、待ち時間なしでこれなら納得できる金額。

f:id:hkdriver:20170402170334j:plain

帰りのドライブは快調。やはり新しいオイルを入れ替えた2~3回目のドライブはエンジンの吹き上がりが気持ちがいい。次回のオイル交換は来年の4月だね。また馬鞍山ゴルフの帰りに入れ替えかな(もうそのころ香港に住んでいない気もするが)。 

 

2週続けて馬鞍山ゴルフ練習場へ

8月頃に肩の健を痛めてから、リハビリすること4ヶ月、すっかり肩の痛みも消え、またベンチプレスのウェイトが少しづつ増えて来た今日。目標体重までこのペースなら夏には到達できそう。

家族がいない週末、身体を動かすこととドライブを両立できるのが打ちっぱなしに出かけること。先週の馬鞍山にハマってしまい、今週も打ちっぱなしに。

先週は雨だったので、あまり景色を楽しむことはできなかったが、今週はそこそこの天気だったので、リラックスした雰囲気の中でゴルフ練習を楽しむことができた。

f:id:hkdriver:20170325211130j:plain

 

f:id:hkdriver:20170325211144j:plain

先週はプレミアムレンジであったが、ちゃんと予約をして通常のレンジで1.5h(150HKD)、シッカリ汗を流した。最近のスマホのアプリは無料でスイングを診断してくれたり、スローで解析できたりと中々進んでいる。

来週1週間、日本に出張するので、この装置を買ってこようと色々と情報収集中。

EPSON Mトレーサー(http://www.epson.jp/products/msensor/mt500g2/

f:id:hkdriver:20170326214327j:plain f:id:hkdriver:20170326214416j:plain

 

ゴルフクラブのシャフトに装着するとスマホでスイングプレーやインパクト時のヘッドの入射角等が解析できるらしい。これがあれば、自分のスイングのどこに問題があるのかがすぐにわかりそうだ。2~3万円と少し高いが、無駄にゴルフ練習場に行くよりもデータを見ながら調整ができれば飛距離も伸びそうだ(楽しみ)。

探せば香港でも売っているのだろうが、e-bayやRakuten Global等でも通販で帰るんだろうが、日本語版が欲しいので日本で買った方が得策だろう。

練習場の帰り、駐車場に数台の西洋人が練習に来ていた。本当に西洋人は気軽に香港で車に乗ってるね。私も日本人に香港で車に乗ることを至極当然のことのように普及させていきたい(未だに駐在員の中で「えっ、車乗ってるんですか?」と驚かれることが多い)

f:id:hkdriver:20170325211118j:plain

(ホイールがピカピカでうれしいので思わず写真を撮ってしまった)。

結局オイル交換は、来週の人事異動の結果発表を見極めてから実施することにした。

馬鞍山のゴルフ練習場に行ってみた

今週末、家族が春休みで日本に一時帰国するので、朝、家族を空港に送った帰り道に以前より行ってみたいと思っていた馬鞍山のガーデン・ファーム・ゴルフ(

Garden Farm Golf Centre | Home)というゴルフ打ちっぱなしに行ってみた。香港ではゴルフの打ちっぱなしが少なく、ゴルフ場の中のレンジか室内のような狭いところが多いため、郊外まで車で足を延ばす必要があり、こういう時に車があると楽だ(車が無ければ絶対に来ない)。

 

久しぶりに途中迷子になったが、このルートは今までの中えも難易度の高い部類に区分されるルートの一つであろう。なんと途中ラウンドアバウト3連発でGoogle Mapのナビが「3番目出口を直進です」、「2番目出口を右折です」、「3番目出口を直進です」などと焦らせるので思わず、最初は科学園区へ行ってしまった。

 

このゴルフ場。確かに辺鄙なところにあるので、HP上にYoutubeで行き方を公開しており分かり易い。http://www.gardenfarmgolf.com/en_locations.php?id=1

 

空港から1時間後にやっとガーデンファームゴルフ場に到着。9時半だというのに結構車が多い。このゴルフ練習場のいいところは駐車場がデカイ。数えなかったが100台近く停められるのではないか。田舎だし、最悪、その辺に止めておいても大丈夫だろうけど。

f:id:hkdriver:20170319170250j:plain

まずは、朝食と思い、出前一丁かローマイガイかどちらにするか悩んだ結果、粥と糯米鶏+コーヒーに決め、ゆっくりと朝食を。随分と田舎なので、こうしたところに続々と高級車で車を乗りつけてゴルフを練習しているお金持ちたちを眺めるだけでもなかなか楽しい。

f:id:hkdriver:20170319170222j:plain

f:id:hkdriver:20170319170440j:plain

さて、そろそろと思い、受付に行ったら「えっ、Bookingないの?空いてないよ。」と。予約いるのかよ!?と。やはり日本とは勝手が違うね。日本はウォークインでアーリーバードとかあるのに。お姉さんがパソコンで予約を調べてくれた結果、通常より倍の値段のプレミアムレンジなら20分後から1時間OKとのこと。折角来たので、さすがにここで帰るのは、、、と思い申し込み。現金で180HKDを前払い(高い!)。「次回から予約してね」と名刺をゴルフ練習場の貰った。

ただ、クラブハウスを出たら大雨になり、屋根の大きいプレミアムで良かったかも。

↓プレミアムレンジから見た一般レンジ(左手は全て一般)。

f:id:hkdriver:20170319170312j:plain

プレミアム・レンジはスペースが通常の3倍!ちなみに最長ヤーテージ表示看板は350ヤードあります。300ヤードを狙い、思わず力みすぎます。

f:id:hkdriver:20170319170302j:plain

最近15年振りにゴルフバックを新調。Woodも鞄もPingにしているので、本当はアイアンもPingにしたいところであるが、アイアンは2003年に香港→上海に異動する際に銅鑼湾のゴルフショップで購入したMIZUNO MP-30(Dynamic Goldシャフト)を未だに愛用。何度か浮気したもののやはりこの軟鉄が最高。もっと体力が衰えたらアイアンをPingにしようかと。

f:id:hkdriver:20170319171502j:plain

これなら数人で来てシェアしながら利用してもいいかもね。1人では無駄にデカイ。

お隣のプレミアムレンジではプライベートレッスンを受けているようだけど、皆英語がお上手だね。受付の人たちもそうだが、香港の上流階級世界では皆、海外育ちだったりして英語が上達するんだろうな。

 

次回、同じ馬鞍山にもう一つあるゴルフ場とBBQ場が併設されたWhite Head Golf Range(白石高爾夫球練習場)にも同僚やゴルフ仲間と行ってみたい。

 

1時間汗を流した後、雨の中、帰宅。久しぶりに雨で濡れたので丁度良い機会と思い、地下駐車場の洗車スポットへ。本当は洗車しても、駐車しているだけで埃が積もり1週間でドロドロになるのだが、ホイールが随分と汚れているのでブラシ洗い+激落ち君で汚れ落としをしようかと。

f:id:hkdriver:20170319163918j:plain

それでもまだ汚い部分が残るが、激落ち君で擦ると今まで何度もブラシで擦っても取れなかったこびりついたブレーキパッド汚れが全て取れた!

でも、その後ホイールが白くまだらになったところを見ると、激落ち君効果でホイールのメッキまでも取れたか?明らかに白くなったが、クロームメッキ感が無くなったかも。。。まあ、ドロドロよりはいいのでよしとしよう(まさかアルミではなく、錆びるということもないであろうし)。

 

f:id:hkdriver:20170319175632j:plain

そろそろオイル交換のシーズンだな。ここ1ヶ月車に乗る度に「Service Due!」とMMI表示が出るし、オイルゲージもMinに近づいてきた。またZazenさんにお願いするかとも思ったが、オイル交換だけなら、いつものShopでオイルフィルターを自分で買って、ShellでHelixでも入れてみようかと。

www.shell.com.hk

オイル交換の結果については、また次回。

祝1周年

香港で車を買って昨日で1年。保険更新のタイミングがやって来た。

NCD(Non Craim Discount)が昨年はゼロだったため、第三者賠償+車両保険(Comprehensive)の保険料はHKD7,000強となり高かったが、今年はNCB1年目で20%OFFとなり、HKD6,000弱となった。日本の水準を考えるとそれでも高い気はする。更新の保険料をブローカーに支払うとこうしたCover NoteがFAXまたはPDFで送られてきて、後日保険会社(私の場合はZurich)から正式なPolicyが届く事となる。

そして昨日、丁度満1年当日に保険代理店からポリシーが届いた。

Comprehensiveではなく、自賠責(Third Party Insurance)のみならHKD2,000程度になるが、事故が遭った場合の対応(相手方との示談交渉や賠償請求)は全て自分でやらねばならず、外国人にはハードルが高いためやむを得ないと言える。Zurichにしたのは、第三者賠償の最高額をHKD5.0mil (80百万円)まで追加保障できたため(通常の自動車保険はHKD2.0mil)。24時間のロードサービス付保されており、必要経費というところ。

f:id:hkdriver:20170311083559j:plain

https://www.zurich.com.hk/en/individuals/motor-insurance/motorplus-insurance-plan

尚、NCD(又はNCB)の仕組みは、以下の通り。今後5年も香港に駐在し、車に乗る予定はないので60%まで値引き享受されることはないだろうが。

Quote:

NCD is an insurance feature that is almost unique to motor car insurance. Originally known as NCB, or No Claims Bonus, the name was changed to reflect the fact that this feature did not offer the policyholder any extra money, but rather a reduction on the next year's premium. NCD can significantly lower the annual premium of a motor vehicle insurance policy. It is, however, important to disclose the fact that you have NCD when receiving the quote; otherwise your premium may be much more than expected. 

The scale of the discounts associated with NCD can vary between insurance companies; however we have provided an outline of the typical scale for private vehicles below:

  • 1 year claim free driving: 20% NCD
  • 2 years claim free driving: 30% NCD
  • 3 years claim free driving: 40% NCD
  • 4 years claim free driving: 50% NCD
  • 5 years claim free driving: 60% NCD

The maximum amount of NCD that you are allowed is 60%, representing 5 years of claim free driving. With other classes of vehicles (such as commercial vehicles) NCD will typically begin at 10% after one year and go to a maximum of 30%. NCD will, however, generally change between insurers, so it is important to note what rates your insurer will use. 

In the event of an accident NCD works on a 'step back' system. This means that a single serious accident should not eliminate the entitlement that you have towards NCD during the next policy year. An illustration of the step back system can be found below:

  • 60% NCD will become 30% when the policy renews
  • 50% NCD will become 20% when the policy renews

If you had an NCD below 50% and are involved in a claim during the policy year then you will receive no NCD when the policy renews. In addition to this, policyholder's with NCD of over 50% who make 2 or more claims during the policy year will not receive any NCD when the policy renews. Please remember that this NCD 'step back' system will only usually apply to private vehicles and with other classes of vehicles a single claim will typically mean that there will be no NCD entitlement the following year. 

 Unquote:

(https://kwiksure.com/car-insurance/no-claims-discount/ より抜粋)